ほうれい線に効果的なクリームを選ぶ時は、いかに効率よく保湿成分を補えるかがポイント

ほうれい線のおもな原因は肌の乾燥と弾力の低下です。老化によってこの2つが同時に進行することでシワができやすくなり、本来は表情を形作った時にできるシワが元の状態に戻らなくなってしまいます。また、ほうれい線は頬のたるみと併せてできることが多く、たるみ対策もしっかりと行っておく必要があります。

ほうれい線ができる大きな原因は口元の乾燥や表情を浮かべたときの負担など

ほうれい線ができやすいのはもともと口元周辺の肌が乾燥しやすいこと、そして表情を浮かべた時の負担が大きいことです。

 

意図的に笑顔を形作ってみるとわかりますがその時には頬にかなりの負荷がかかっているのが実感できます。肌にボリュームとハリがある間はこの負荷にも耐えられるのですが、乾燥やハリの低下が進むと負荷の影響が大きくなり、シワが消えなくなってしまうのです。

 

こうした理由からも乾燥とハリ対策をうまく行っていく必要があるわけですが、美容クリームでほうれい線対策を行っていく際にはまず保湿対策を重視しましょう。

油分が多いクリームは脂溶性のセラミドと相性抜群、ぜひ活用を

油分の含有量が多いクリームは油溶性のセラミドと相性がよく、うまく浸透させながら保湿対策を行っていくことができるからです(※参照:ほうれい線解消に使ってみたい化粧品)。

 

このセラミドもほうれい線と深く関わっています。細胞間脂質として角質層の内部で角質細胞同士を結び付ける役割を担っている成分ですが、これが不足すると肌の構造が乱れ、角質細胞同士の間に生じた隙間から水分が蒸発するとともに紫外線などの外部からの刺激が奥まで侵入しやすくなっていきます。

 

紫外線は老化の元になる活性酸素を増加させるだけでなく、真皮層にまで達すると肌のハリを維持しているコラーゲンとエラスチンを破壊してしまう影響をもたらします。つまりセラミドの不足が乾燥だけでなくハリの低下、たるみの直接の原因を作ってしまうのです。

 

こうした事情からもほうれい線対策用の美容クリーム選びではまずセラミドをどれだけうまく補うことができるかを重視して選んでいきましょう。その上で抗酸化成分やハリをもたらす成分が含まれているかどうかをチェックすることになります。美容液との相性なども考慮したうえで賢く選んでいきたいところです。

効果別ナイトクリーム口コミ人気ランキング

ナイトクリーム口コミ人気ランキング

ドルックス ナイトクリーム(しっとりタイプ)
ナイトクリームドルックス プチプラでも毛穴レスのしっとり肌に!超ロングセラーのナイトクリーム
50g 864円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

アテニア ドレスリフト ナイトクリーム

ナイトクリーム口コミ保湿atenia

24時間ハリケア!就寝中の乾燥も防いで肌に弾力を生むナイトクリーム
14日間トライアルセット1500円・税込
(洗顔石けん15g・化粧水30ml・日中用保湿乳液15ml・夜用保湿クリーム8g)
>>公式HPで詳しく見てみる!

エリクシール シュペリエル スリーピングジェルパック W

エリクシール シュペリエル スリーピングジェルパック W

2017年@コスメベストクリーム第2位!塗って寝るだけで翌朝つや玉ぷるん。
3,024円・税込/エリクシール ホワイト スリーピングクリアパックC 3,456円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!